危険な加圧トレーニングだからこその注意点

危険な加圧トレーニングだからこその注意点

現在加圧トレーニングは、資格を持ったインストラクターの下で行わないそしたらなることはないことになっています。加圧トレーニングは、専門のトレーナーにつきまして行わないと、もっとも危険なトレーニング方法です。

ある意味、シートに長時間座り続けることによって、脚の血の流れが悪くなり、静脈の中に血のかたまりが可能になりましてしまうからだ。血のかたまり(血栓)は肺に到達し、肺の動脈を塞いでしまいましたとしてましているのです。

この血のかたまりは、立ち上昇したり歩いたりすることをきっかけに、脚の血管から離れて血液の流れに乗ります。正確な方法でトレーニングをするならば、危険なことはないです。

災害が起きたとき、テレビのニュースでは、車の中で避難生活をし続いてる方に対し、同じ姿勢で座り継続することが危険であることから、十分注意するよう再三注意を繰り返します。気をつけていても、急に具合が良くならないでしましたり、最悪の場合、亡くなる方もおられます。

ある意味エコノミークラス症候群と言って1980年〜90年頃からよく知られる言葉となってしまった。加圧トレーニングによりまして血の流れを悪くする時間が長くなると、このエコノミークラス症候群の症状になってしまうんです。