心臓カテーテルと加圧トレーニング

心臓カテーテルと加圧トレーニング

血液は、心臓から送り出されて大動脈を通り、全身をかけ巡り、静脈を通って心臓へ戻ります。その結果、血液の量が増え、毛細血管にまで血液が行き渡り、血管が広がります。

こうやって加圧をしましたり辞めたりを繰り返して毛細血管の数が増え、血行が改善していくこととします。すると、脳は危険を感じて、血液をいっぱい流すように心臓に命令します。

加圧トレーニングを継続的に行うと、血管内の細胞が若返り、細胞数が増えるという効果があるのです。血管の中の細胞は、血管の硬さやわらかさを調節したり、血管の壁に炎症が起きないように調節を行っているのです。

年をとると血管は硬くなり、血液を送る力が弱くなるんです。さらに、肥満静脈も通っていますので、この2箇所を加圧することによって、心臓より上の部分はとりあえずに血流が少なくなるのでしょう。

心臓カテーテルは、脚のつけ根や腕のつけ根からの施術方法ですけど、そこは、この2か所には筆太動脈が通ってるからだ。。